健食新制度で使える成分とは?

 

2015年4月からスタートする健食の機能性表示に求められるエビデンスが2014年5月2日の検討会において明らかにされました。

それによると、商品についてはヒト試験、成分についてはSR(システマティックレビュー=文献調査)がエビデンスとされています。

 ⇓

そこでのヒト試験の要求水準はきわめて高くコスト的にも1000万円以上かかってしまいます。他方、SRならば100万円~200万円程度ですみます。

 ⇓

そこで、どういう成分ならSRで行けるのか?

 

訴求したい効果についてどういう成分を使うか

SRで行けるのかをこのサイトで明らかにします。

 

このサイトに関するお問い合わせや、

機能性表示制度に関するご相談についてはこちらへどうぞ。

 

 

※会員様限定コンテンツは、会員パスワードを入力の上ご覧下さい。

 (会員パスワードは、薬事法ドットコム会報『薬事現場情報』にてご案内しております。)

※会員登録はこちら

 

 

********************

このサイトは、薬事法ドットコムの「林田学」が監修しています。

薬事法に関するお悩みは「薬事法ドットコム」までお問合せ下さい。

 

■Please share!

■Link

日本臨床試験協会(JACTA)
日本臨床試験協会(JACTA)
健食機能性表示について
健食機能性表示について
健康食品の臨床論文データ
健康食品の臨床論文データ
定量可能な成分リスト
定量可能な成分リスト
臨床試験 登録情報
臨床試験 登録情報
臨床試験の試験期間
臨床試験の試験期間
薬事法の悩みをプロが解決
薬事法の悩みをプロが解決